早めの参加がおすすめ|医学部の塾で徹底的に知識を搾り取る|狭き門を通るには

医学部の塾で徹底的に知識を搾り取る|狭き門を通るには

女性

早めの参加がおすすめ

男女

間違いのない進路選び

大学に入学して卒業するまでには学費がかかり、特に、私立大学や医療系学部の場合は、安いものではありません。以前とは異なり、大学を卒業して就職、そして、終身雇用という時代ではなくなりましたから、知識や技術を身につけられる価値のある大学を選ぶ必要性が高くなっています。つまり、オープンキャンパスは、間違いのない進路を選択するためには必須の行事であり、そこに人気を集める理由があります。近年では、オープンキャンパスに力を入れる大学が増えており、1万人以上の高校生を動員する大学が当たり前になってきています。大学に通う在学生がサポーターとして参加していたり、模擬授業が展開されていることも多いため、リアルな学生生活を知るきっかけとしても人気を集めています。

高校1年2年時から

「オープンキャンパスの参加は、高校3年生から」という認識を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。最近では、部活などの合間を縫って、1年生や2年生のうちから、色々な大学を訪問する高校生が増えています。3年生になると受験勉強で忙しくなり、色々な大学を訪問する余裕がなくなってしまうことがその理由と言えます。色々な大学のオープンキャンパスに参加することで、各大学をしっかり比較できますし、受験対策を早めに行うこともできます。例えば、AO入試で合格しやすい人物像について確認してみたり、出題傾向について話してくれるような大学もあるようです。パンフレットや受験雑誌などでは伝えることができないものを、オープンキャンパスでは得ることができるのです。