成績を上げるための指導|医学部の塾で徹底的に知識を搾り取る|狭き門を通るには

医学部の塾で徹底的に知識を搾り取る|狭き門を通るには

女性

成績を上げるための指導

小学生

小学生にとって中学受験の塾選びは親次第となります。いかにスケジュールを考えるかがポイントですが、勉強の習得度に応じて塾を変えることも必要です。中学受験の勉強内容は時期によって難易度が変わるので注意が必要となります。5年生も後半となれば応用問題も多くなり、基礎はその頃までにマスターしておくことが大事です。仮に基礎の勉強が間に合わないとすれば、短期間で中学受験に必要なテクニックを学ぶことが必要となります。このようなスケジュール調整を行うのは親の役割であることを理解することが大事です。進学希望の学校がどれほどのレベルにあるのか、そのための塾のカリキュラムはどの程度の難しさなのかも把握しておくことが大切と言えます。

中学受験の塾選びには、まず個別指導タイプか集団授業タイプかを選択する必要があります。大まかに分けると個別指導は基礎をしっかりと身につけたい生徒に、集団授業は中学受験突破のためのテクニックを集中して覚えたい生徒に向いています。またそれぞれを受ける時期も考慮することが大切です。最初はもちろん基礎をしっかりと身につけることになりますが、いつからテクニックを身につけるべきかを判断することが大事です。子供のモチベーションの様子も見ながら、適切に判断することが重要です。子供の勉強に向かうモチベーションは、理解度を深めることに大きく影響します。成績がなかなか上がらない時は、少し休ませることも必要であると言えます。